パパ活のお手当には税金がかかる?知っておきたい税金の正しい知識

「パパ活のお手当には税金ってかからないの?」
「パパ活お手当の税金ってどれぐらいの金額からかかる?」

パパ活お手当の税金について、上記のようなことをお考えではないでしょうか。

パパ活は風俗のように店に所属して働いているわけではなく、個人でお手当としてお金をもらっているため税金などについては個人管理になります

✔この記事でわかること
  • パパ活で税金を納めないと起こる事について
  • パパ活で税金を納めていない事がバレるケースについて
  • パパ活の税金に関するよくある質問について

この記事では上記のようなことがわかりますので、パパ活の税金に関して気になるなら最後まで読んでみてくださいね。

パパ活のお手当は金額が大きめになりやすく、その分税金がそれなりにかかりやすくなっています。

シュガーダディ

パパ活で税金を納めていないことがバレたらどうなる?

パパ活で税金を納めていないことがバレたらどうなる?
パパ活をすることで得られるお手当に関しては、主に贈与税と所得税の2つのどちらかがかかってきます。

現金手渡しでもらっていた場合は所得税がかかり、110万円以上の物をもらっていると贈与税がかかります

それらを未納していた場合、以下の3つが起こります。

パパ活で税金を納めないと起こる事
  • 無申告加算税の支払い
  • 虚偽の報告をすると重加算税の支払い
  • 税金を支払わなかったら延滞税の支払い

ここからは税金を未納していた場合に起こる上記3つの事に関して、より詳細にお教えいたしましょう。

無申告加算税の支払い

無申告加算税の支払い
パパ活のお手当を現金でもらっている場合所得税がかかり、1年毎に確定申告を行って納めることになります。

確定申告の期限外で申告を行った場合期限後申告となり、無申告加算税が課されることになりますね。

無申告加算税は納めるべき金額に対して50万円までなら15%で50万円を超えたところからは20%が乗じることになります。

尚税務署側からの調査を受ける以前に自身で期限後申告を行った場合、乗じる無申告加算税は5%の割合に軽減するようになっています。

なので毎年きちんと確定申告を行い所得税を納めておくことが大事ですね。

虚偽の報告をすると重加算税の支払い

虚偽の報告をすると重加算税の支払い

確定申告などでもらった現金の金額などを少なめに虚偽申告していた場合、つまみ申告と呼ばれる申告になります。

所得税に置いてこのつまみ申告が発覚した場合、隠蔽・偽装行為の一部となり重加算税を支払うことになりますね。

こういったつまみ申告だけでなく所得税に関する虚偽や隠蔽行為が行われていた場合、重加算税がかかることになります

なので基本的にはどれぐらいの金額を受け取ったかなどについて、きちんと報告を行う必要がありますね。

意図的に行っていなくても隠蔽・虚偽に当たる場合があるので、困った時は弁護士などに相談しましょう。

税金を支払わなかったら延滞税の支払い

税金を支払わなかったら延滞税の支払い
贈与税や所得税をきちんと支払っていなかった場合、延滞税がかかってくることになります。

延滞税は法定期限の翌日から2ヶ月間は未納税×年率7.3%の金額を支払うことになります。

法定期限の翌日から2ヶ月をこえる期間は未納税×年率14.6%の金額になりますね。

一番は延滞しないことですが、延滞してしまった場合はできる限り法定期限の翌日から2ヶ月間に納めることが大事です。

こういった延滞税がかかってくるようなことがないように、自身で税金に関して管理するかまたは、弁護士や税理士を頼りましょう

パパ活で税金を納めていないことがバレるケースは?

パパ活で税金を納めていないことがバレるケースは?
パパ活でお手当を貰う場合、手渡しで現金をもらっていれば税務署にばれないんじゃないかと考える人も少なくないです。

しかし、実際には未納となっている税金に関して以下のようなケースでバレることが多いです。

パパ活で税金を納めていないことがバレるケース
  • 銀行振り込みでお金を受け取っていてバレる
  • SNSなどの投稿でバレる
  • パパが会社経営者で「給与」という形でお金をもらっていてバレる
  • 近所の人など、民間の人から通報されてバレる
  • 自力では購入できない高額なものを購入した際にバレる

ここからは、上記のようなパパ活で税金を納めていないことがバレるケースについてより詳細にお話いたしましょう

銀行振り込みでお金を受け取っていてバレる

銀行振り込みでお金を受け取っていてバレる
パパ活のお手当を銀行振込で行っている場合、銀行側に振り込んだ記録が残ってしまいます。

振り込まれる金額が贈与税がかかってくる110万円以下なら、よほどのことをしない限り疑われにくいです。

しかし、贈与税のかかる110万円を超えた振り込みがあり確定申告をしていないと、税務署からの調査が入る可能性が高いですね。

特に確定申告は重要になっており、パパ活などに限らず明らかに大きな金額の振り込みがあるにも関わらず、確定申告をしていないと疑われやすいです。

日本の法律上税金は収める必要があるものなので、しっかりと申告して払っておきましょう。

SNSなどの投稿でバレる

SNSなどの投稿でバレる
TwitterやインスタグラムなどのSNSを普段から頻繁に利用している人は、基本的には自己顕示欲が高いです。

そのため、パパ活を行って相手のパパからもらった高額プレゼントの画像をパパ活用アカウントでアップすることも少なくないです。

税務署側では脱税している人の情報を集めており、パパ活による高額プレゼントの画像をアップしていると税務署に情報が送られる可能性がありますね。

また税務署自体も個人のSNSをチェックしている可能性が高く、うかつにそういった画像をアップしてバレることも少なくないです。

そもそも脱税自体をしていることがよくないですが、脱税しているんじゃないかと疑われるようなこともしないようにしましょう

パパが会社経営者で「給与」という形でお金をもらっていてバレる

パパが会社経営者で「給与」という形でお金をもらっていてバレる
パパ活を行っている側がいくら注意を払っていても、パパ活相手となるパパ側からバレてしまうケースもあります。

会社経営を行っているパパが、自社に税務調査が入りそこからバレるといった流れですね。

パパ活でのプレゼントをパパが会社の経費で落としていると、税務署側が不審に感じ使用用途などを詳細に調査されます。

そこからパパ活を行っている女性の個人情報を特定され、芋づる式に脱税がバレます。

脱税自体しないほうがいいですし、変な疑いをかけられないようにパパ活相手となっているパパに対してもある程度注意しておきましょう。

近所の人など、民間の人から通報されてバレる

近所の人など、民間の人から通報されてバレる
パパから高級・高額なプレゼントを貰った際、SNSに画像などを掲載しなくても他からバレる場合があります。

それは近所の人があなたの羽振りの良さに不審を感じて、税務署に通報されてしまう場合です。

SNSの項でも記載しましたが、税務署は一般から脱税者に関する情報を随時募集していますね。

変な正義感を持っていたりあなたのことをよく思っていなかったりすれば、少なからず不審点を探して通報される事があります。

こそこそしていると尚更疑われてしまいますので、脱税していないなら堂々としておきましょう。

自力では購入できない高額なものを購入した際にバレる

自力では購入できない高額なものを購入した際にバレる

お手当として高額・高級なプレゼントをもらった際、特に自力で購入できないような特定の物をもらった際にもバレることがあります。

特定の物として挙げられるのがマンションのような不動産や高級車・高級時計などですね。

これらの超高級なプレゼントを貰った際、税務署側があなたの所得に不審を抱き手紙または電話で「お尋ね」が行われることが有ります。

この「お尋ね」は税務署側からの質問に対して回答するもので、税務調査とは違って回答義務はなく、税務官が直接自宅に来るといったこともないですね。

「お尋ね」の質問内でも特に「資金調達」に関して、明確に答えないと税務署側に不審を抱かれる可能性が非常に高いです。

そこから税務調査などに繋がってしまうので、脱税していないことを証明するためにも「お尋ね」には明確に答えましょう

パパ活で税金を納めていないことがバレないケースは?

パパ活で税金を納めていないことがバレないケースは?
パパ活のお手当には税金がかかることを説明してきましたが、税金が未納であることがバレないケースもあります。

あくまで非推奨ですが、バレるケースとして紹介したような行動をとらなければバレる可能性は少ないです。

また年間で贈与としてのお手当が110万円以下または給与・報酬としてのお手当が20万円以下なら税金がかからないですね。

パパ活をメインにして生活費に当てている場合、この金額だととてもではありませんが生活がまともにできないです。

パパ活で食っているのであれば、きちんと確定申告などを行いかかる税金を納めることが大切ですね。

パパ活のお手当を手渡しでもらっている場合

パパ活のお手当を手渡しでもらっている場合
お手当を手渡しでもらっていると「バレないだろう」と思ってしまいがちですが、バレますしそもそも申告すること自体が義務です。

特にお手当の手渡しを経営者パパが会社の経費で落としているとバレやすいですね。

他にも急に生活水準を上げて周りに不審がられて通報されたり、超高級なプレゼントによって税務署からの「お尋ね」などによってバレることもあります。

誰にも見られないような場所でお手当を手渡しで行っていても、調べればお金の流れからバレてしまいます。

脱税が発覚して支払わないといけなくなった場合、きちんと税金を納めてたときよりも高額を払わないといけなくなるので、税金は納めておくのが得策ですね。

実際どうなの?パパ活女子yahoo知恵袋まとめ【知恵袋】

実際どうなの?パパ活女子yahoo知恵袋まとめ【知恵袋】
ここまでパパ活の税金に関してご紹介してきましたが、実際パパ活女子が税金をどうしているのか気になりますよね。

yahoo知恵袋にてパパ活女性が以下のような質問を行っています。

パパ活女子yahoo知恵袋まとめ
  • パパ活女子は税金を払わないのか?
  • パパ活女子は脱税してたら逮捕されるの?
  • パパ活女子は税金を確定申告したら親バレしますか?

ここからは上記パパ活女子がyahoo知恵袋で行った質問に関して、質問内容と答えをまとめてご紹介していきます。

パパ活女子は税金を払わないのか?【知恵袋】

パパ活女子は税金を払わないのか?【知恵袋】

水商売は脱税が多いですが、バレないんですか?
パパ活女子やホストなどは所得税を払わないと聞きますが、口座に多額の入金をしていたら脱税がバレるのでは?

それともタンス預金して、そこから使ってるの?
(引用元:yahoo知恵袋)

オーソドックスにパパ活などの商売で脱税がばれないかどうかといった質問です。

回答としてはバレないといった内容が見られましたが、ここまで説明してきたようにバレなくはないです。

ご紹介したように「バレるケース」から脱税がバレてしまい、高額な罰金を請求されることになりますね。

「脱税の罰金なんて大したことないだろ」となめて掛かる人がいますが、結構な金額に泣きを見ることになります

潔く諦めてきちんと確定申告などを行い、支払わなければいけない税金を納めておくことがベストです。

パパ活女子は脱税してたら逮捕されるの?【知恵袋】

パパ活女子は脱税してたら逮捕されるの?【知恵袋】

パパ活女子で月収500万円もらってる女の子いますが、ちゃんと税金払っているんですかね?税金してなかったら脱税ですよね?もし、脱税なら逮捕されてもいいくらいではないでしょうか?
(引用元:yahooファイナンス)

こちらはyahooファイナンスに掲載された質問で、月収500万なんてありえない金額で質問していますね。

流石にそんな額をもらっているパパ活女子はいませんが、お手当をちゃんと申告していなければ当然脱税となります。

質問の回答の中にも書かれていまいしたが、脱税が発覚して証拠が抑えられたら逮捕もありえます

追徴課税されることになり、先程も記載しましたがその課税はえげつないような金額になりますね。

逮捕されると前科がつく可能性まであり、そうなると尚更ちゃんと働くのが難しくなるので、間違っても脱税なんてやめましょう。

パパ活女子は税金を確定申告したら親バレしますか?【知恵袋】

パパ活女子は税金を確定申告したら親バレしますか?【知恵袋】

女子大生がパパ活して年間110万を超えて確定申告したら親にバレますか?

年間110万円超えの贈与をされていた場合、申告して贈与税を払う必要があります。

その際、申告者が親の扶養に入っているとこの申告がバレてしまいますね。

扶養に入っておらず郵便物を親に見られさえしなければ、必要な書類を提出して税金を納めるだけなのでばれないです。

つまりパパ活などの確定申告に対して親の扶養になっているか否かで、バレるバレないは変わります。

パパ活の税金まとめ

今回は、パパ活の税金について以下のことがわかりました。

✔この記事のまとめ
  • パパ活のお手当は受け取り方・金額でかかる税金が違う
  • お手当は手渡しでも税金の未納はバレやすい
  • パパ活女子は税金をちゃんと申告していない人が多い

パパ活お手当にかかる税金は贈与の場合は110万円を超えると贈与税、給与・報酬の場合は20万円を超えると所得税がそれぞれかかります。

バレないんじゃないかと思われているお手当の手渡しに関しても、パパが会社の経費で落としているなど予想外なところからバレてしまうことが多いですね。

yahoo知恵袋での回答などから分かる通り、パパ活女子は税金に関して申告を行っている子が少ないです。

申告していなければ勿論脱税にないりますし、逮捕されかなりの額の課税をさせられるので、納税はきちんと申告して行いましょう。

おすすめの記事