plum利用規約

  1. 1. (利用規約の適用)

当社は、本規約に基づき、本サービスを提供し、会員は本利用規約に合意して本サービスを利用するものとします。

  1. 2. (定義)

本規約において、次の各号に定めのある用語の用法は、それぞれの定めるところに従うものとします。

  1. 本サービス
    本規約に基づき当社が会員に対し提供するサービス(名称を「 plum 」といいます。)
  2. 本アプリケーション
    本サービスを提供するために当社が提供するアプリケーション
  3. 会員
    本規約の適用対象となる当事者であり本サービスの会員
  4. 主催者会員
    飲み会の主催者となる属性を有する会員
  5. 参加者会員
    飲み会の参加者となる属性を有する会員
  6. プレゼント
    本アプリケーション内のコンテンツの1つ
  7. 利用契約
    本規約に基づき当社と会員の間に成立する契約
  1. 3. (会員登録の条件)

本サービスの会員になれる方は、本規約のいずれの規定にも反しない満20歳以上の方とします。

  1. 4. (会員登録)

本サービスを利用するために必要な会員登録は、本アプリケーション内に表示される所定の手続により、本アプリケーション内において行うことができます。

  1. 5. (本アプリケーションの機能)

本アプリケーションが有する仕様及び機能その他の事項については、本アプリケーション内において閲覧でき、その定めるところに従います。

  1. 6. (本アプリケーションの利用権者)

本サービス及び本アプリケーションを利用することができる方は、会員本人に限るものとします。

  1. 7. (本サービス及び本アプリケーションの利用目的)

会員は、本サービス及び本アプリケーションを飲み会の実施を円滑に成立させる目的でのみ利用でき、違法、不法、不当な目的で利用することはできません。

  1. 8. (基本属性)

会員の基本属性には、「主催者会員」と「参加者会員」があり、各会員個人には会員の登録情報に応じこれらのうちいずれか1つの属性が割り当てられます。

  1. 9. (飲み会)

本サービスにおける飲み会(以下、単に「飲み会」といいます。)は、主催者会員及び参加者会員により構成され実施されます。なお、当該飲み会における主催者会員が2名の場合、当該2名を「主催者ペア」といい、主催者会員が単独である場合と併せて「主催者ペア等」といいます。参加者会員についても同様に、参加者会員2名を「参加者ペア」といい、参加者会員が単独である場合と併せて「参加者ペア等」といいます。飲み会の構成会員を「飲み会グループ」といいます。

  1. 10. (飲み会の成立条件)

飲み会は、主催者ペア等が参加者ペア等に飲み会の実施を申入れ、参加者ペア等が当該申入れを承諾した時に成立します。

    1. 前項の申入れ及び承諾において、次に掲げる場合は、各号の定めに従い、当該場合における主催者ペア等の申入れに対し参加者ペア等が承諾したものとみなされます。
  1. 11. (飲み会実施にかかる申入れ及び承諾)

会員は、各々の基本属性に応じて、飲み会実施にかかる申入れ又は承諾を行うことができます。当該申入れ又は承諾は、参加者会員が事前に指定している時間帯を対象としてのみ行うことができ、成立した申入れ及び承諾は取り消すことができません。

  1. 12. (プレゼント)

主催者ペア等は参加者ペア等に対し本アプリケーションの機能を利用してプレゼントを提供することができます。当該プレゼントの授受を行った主催者ペア等と参加者ペア等において飲み会が成立した場合、主催者ペア等を構成する会員は連帯的に当該プレゼント料金の支払義務を負うものとします。

  1. 13. (飲み会の開始及び終了の承認)

飲み会の開始時刻及び終了時刻は、飲み会の終了時において参加者ペア等が当社に対して申請した開始時刻及び終了時刻を主催者ペア等が承認することにより確定し、当該時間を利用料金及び延長料金の算定基礎時間とします。

  1. 14. (アプリケーション利用料金)

本アプリケーションの利用料金は、基本利用料及びプレゼント料(これらを併せて本規約において「1次決済料金」といいます。)、延長料(本規約において「2次決済料金」といいます。)により構成され、各利用料金に関する定めの詳細は本アプリケーション内に表示されるところに従うものとします。なお、特段の定めがない場合、利用料金の表示は税抜によるものとします。

  1. 15. (アプリ利用料金の決済)

利用料金は、第13条の規定に基づき飲み会が終了したとき、直ちに、主催者ペア等の会員が本サービスの利用にかかる決済のために登録した本人名義のクレジットカード(以下、「登録クレジットカード」といいます)により決済されます。

  1. 16. (飲み会欠席の場合の利用料金)

飲み会が成立したにもかかわらず、主催者グループの構成員が飲み会を欠席する等、主催者グループの責めに帰すべき事情により、飲み会が実施されなかったときは、飲み会が予定どおりに実施されたものとして当社に対し主催者グループは利用料金を支払わなければならない。

  1. 17. (飲み会実施の費用負担)

飲み会実施に要した会場費、飲食費その他の費用は主催者ペア等が負担するものとします。

    1. 前項の規定は、主催者ペア等と参加者ペア等の合意により当該費用の負担の方法を変更することを妨げるものではありません。
  1. 18. (延長料)

主催者ペア等と参加者ペア等により実施された飲み会が、1時間を超えて実施された場合、算定基礎時間のうち、当該超過時間を延長時間とし、当該延長時間に基づき延長料金が計算されるものとします。

  1. 19. (自己責任)

飲み会の実施に伴い、会員間に生じたトラブルに関して当社は一切責任を負いません。

    1. 当社は主催者、参加者に属する会員のいずれに対しても、飲み会の実施に関し何らの委託、委任その他の契約関係を持つものではありません。
  1. 20. (会員評価)

会員は、当社の定める時期、方法に基づき、自己と同一の基本属性を有しない会員を評価するものとします。当該評価が所定値を下回る会員は、本サービスの利用を制限されることがあります。

  1. 21. (ポイント)

当社は、所定の条件(本アプリケーション内において詳細を確認することができます。)を満たした会員に対し、所定のポイントを付与します。

    1. 当該ポイントを保有する会員は、1ポイント1円(消費税込)として、当社に対し当該ポイントを購入することを請求することができます。
    2. 当社は、前項の請求を受けた場合、前項の規定に基づき計算された日本円を所定の期日に、当該ポイントを保有する会員の登録口座(参加者会員がアプリケーションに登録した本人名義の金融機関口座)に振込むものとします。
  1. 22. (本人確認)

当社は、次の各号に定める事由をもって、会員が名義人本人であることを確認します。

  1. 申込の手続きにおいて会員が当社に対して本人確認に必要な真正な情報を提供したこと
  2. 利用契約の有効期間中において、会員に係る本人確認情報に変更があった場合にあっては、会員が当社に対して当該変更情報の内容を通知していること
  3. 本人名義の決済手段が有効に登録され、当該決済が有効に行われていること
  1. 23. (会員による利用環境の準備)

会員は、本サービスを利用するために必要となるコンピュータ、通信環境その他の設備を、自らの負担と責任により準備するものとします。ただし、当社は、会員設備において、本アプリケーションが正常に動作することを保証しません。

  1. 24. (契約締結上の過失の排除)

会員になろうとする方は、会員登録を行うまでに、当社が公開し又は既に提供した本アプリケーションの仕様、機能その他の利用契約の締結を判断するために必要な情報(以下、「必要情報」といいます。)が不足すると思料する場合には、会員登録の前に当社に対し必要情報の提供を求めるものとします。会員になろうとする方が会員登録の手続きを完了した場合、当社から会員に対し必要情報が全て提供されたものとみなされます。

  1. 25. (サービス提供の終了)

当社は、利用期間中であっても、30日前までに会員に通知した場合、本サービスの提供の全部又は一部を終了することができるものとし、当該通知において指定した期日をもって本サービスの提供は終了します。当社は本条の規定に基づいて本サービスを終了したことにより会員又は第三者に損害が発生した場合でも、一切の責任を負いません。

  1. 26. (直接契約)

本規約に基づき当社と会員の間において成立する権利義務関係は、当社と当該会員の間において生じるものとします。当社は代理人、媒介者その他の第三者が利用契約に介在することを承諾しておりません。したがって、当社と会員の利用契約について第三者との間に権利義務関係が生ずることはありません。

  1. 27. (会員間の権利義務関係)

本規約において、グループ又はペア等を単位とし適用される条項に基づき生じる権利義務関係は、当該グループ又はペア等を構成する会員個人に連帯的に帰属するものとします。当該会員に対する権利義務の帰属割合は、当該会員間で特に合意のない場合は平等とし、合意がある場合はその定めに従います。

  1. 28. (制限行為能力者の詐術)

本アプリケーションの利用について制限行為能力者本人が申込みを行ったことにより当社との間に利用契約が成立し、かつ、当該制限行為能力者が申込時に当社に対して自己が制限行為能力者であることを通知せず、黙秘していた場合、当社は当該制限行為能力者が民法20条に規定する詐術を用いたものとみなします。

    1. 前項の規定は、利用契約の成立後に会員が制限行為能力者となった場合におけるその時点以降において、当該制限行為能力者又は法定代理人が本アプリケーションに係る利用料金の支払に係る権限その他当社に対して行う法律行為について当該制限行為能力者となった会員が制限を受けたことを当社に対して通知しなかった場合の当該会員本人の当社に対する意思表示の取り扱いについて準用するものとします。
  1. 29. (利用規約の変更)

当社は、必要に応じて本利用規約を変更することができるものとします。この場合、本利用契約の規定と変更後の利用規約の規定が異なるときは、変更後の利用規約を優先して適用するものとします。

    1. 当社は、前項の規定に基づき利用規約の変更を行う場合は、会員に通知するものとし、当該通知において指定された期日以降は、変更後の利用規約が適用されます。
    2. 会員は前項の予告期間内に変更後の利用規約の適用を拒否し、当該予告期間の経過をもって従前の利用契約を解除する意思を当社に対して書面で表示することで、当該予告期間の経過時に利用契約を解除することができます。
    3. 会員が、当社に対して前項の解除通知を行わなかった場合、当該変更後の利用規約の適用に合意したものとみなされます。
  1. 30. (再委託)

当社は、本利用規約に基づく当社の業務の全部または一部を第三者に再委託することができます。この場合、当社は、当該再委託先に対し、第37条(秘密情報の取り扱い)に定められた当社の義務と同等の義務を負わせるものとします。

  1. 31. (会員ID及びパスワード)

会員は、会員IDおよびパスワードが第三者に開示、貸与、共有されないよう厳重に管理(パスワードの変更を含みます。)するものとします。会員IDおよびパスワードの管理不備、使用上の過誤、第三者(会員を含みます。以下本条において同じとします。)の不正使用等により、会員および第三者が損害を被った場合、当社は一切の責任を負わないものとします。

    1. 第三者が会員の会員IDおよびパスワードを用いて、本サービスを利用した場合、当該行為は会員の行為とみなされるものとし、会員はかかる利用についての利用料金の支払その他利用契約等に基づく債務の一切を負担するものとします。また、当該第三者の行為により当社が損害を被った場合、会員はこれを賠償するものとします。ただし、当社の故意または過失により会員IDおよびパスワードが第三者に不正使用された場合は。この限りではありません。
  1. 32. (禁止事項)

本サービスの利用に際し、当社は、会員(以下「会員等」)に対し、次に掲げる行為を禁止します。違反した場合、利用停止等、当社が必要と判断した措置を取ることができます。

  1. 当社または第三者の知的財産権を侵害する行為
  2. 当社または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
  3. 当社または第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
  4. 当社または第三者に経済的損害を与える行為
  5. 当社または第三者に対する脅迫的な行為
  6. 会員が、以下の情報を投稿すること
    1. 第三者の権利および財産に対して損害を与えるリスクのある情報
    2. 第三者に対して有害な情報、第三者を身体的・心理的に傷つける情報
    3. 犯罪や不法行為、危険行為に属する情報およびそれらを教唆、幇助する情報
    4. 不法、有害、脅迫、虐待、人種差別、中傷、名誉棄損、侮辱、ハラスメント、扇動、不快を与えることを意図し、もしくはそのような結果を生じさせる恐れのある内容をもつ情報
    5. 事実に反する、または存在しないと分かっている情報
    6. 会員自身がコントロール可能な権利を持たない情報
    7. 第三者の著作権を含む知的財産権やその他の財産権を侵害する情報、公共の利益または個人の権利を侵害する情報
    8. わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等の情報
    9. その他当社が不適切と判断する情報
  7. コンピューターウィルス、有害なプログラムを仕様またはそれを誘発する行為
  8. 本サービス用インフラ設備に対して過度な負担となるストレスをかける行為
  9. 当サイトのサーバーやシステム、セキュリティへの攻撃
  10. 当社提供のインターフェース以外の方法で当社サービスにアクセスを試みる行為
  11. 法令又は本規約等に違反する行為
  12. 自分以外の人物を名乗るなど他人になりすますこと
  13. 他の会員の会員資格を利用して当社グループのサービスを利用すること
  14. 当社グループもしくは他の会員の著作権その他の権利を侵害すること、又は、そのおそれのある行為
  15. 当社グループ又は他の会員の利益を侵害すること
  16. 青少年の心身に悪影響を与える行為
  17. 公序良俗に反する行為
  18. 低俗、わいせつな書き込みなどを行うこと
  19. 虚偽の情報の書き込みなどを行うこと
  20. 他の会員の誤解や混乱の原因となるおそれのある行為
  21. 他の会員のプライバシーを侵害したり、名誉を毀損したり、精神的損害を与えること
  22. 当社の所定の手続き以外で、会員本人又は他の会員の個人情報(本名、住所、電子メールアドレス及び電話番号を含むあらゆる連絡先)を発信もしくは掲載すること
  23. 当社又は他の会員に経済的損害を与えること
  24. 他の会員に肉体的損害を与えること
  25. 他の会員が迷惑や不快感を感じるおそれのある行為
  26. 他の会員と紛争が生じる可能性のある行為
  27. 民族差別・人種差別を意識させたり、それらにつながる行為
  28. 倫理的視点で認められないと当社が判断する行為
  29. 当社の事前の書面による許可なく、当社のサービス外のところで、商業目的で、当社が提供するあらゆるサービス、コンテンツ、情報、システム、機能、プログラム等の全部又は一部を利用すること
  30. 無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法等の勧誘活動等を行うこと
  31. 政治活動、選挙運動、宗教活動に関するあらゆる行為
  32. コンピュータウィルスの送信等、コンピュータの機器や通信回線、ソフトウェア等の機能に悪影響を及ぼす行為
  33. マネー・ロンダリングを目的とした行為
  34. 不倫・援助交際・売春・買春等の勧誘行為、その他性行為・わいせつな行為等を目的とする行為
  35. 面識のない異性との出会い等を目的とする行為
  36. 上記の他、当社が不適切と判断する行為
  1. 33. ( 反社会的勢力等の排除 )

会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、当社は催告することなく利用契約を解除することができます。

  1. 会員またはその役員、責任者、実質的に経営権を有する者(以下「役員等」という。)が、反社会的勢力等である場合。
  2. 会員またはその役員等が反社会的勢力等との間に、社会的に非難されるべき関係を有していると認められる場合。
  3. 会員またはその役員等が、自らまたは第三者を利用して、当社の業務を妨害した場合、または妨害するおそれがある行為をした場合。
  4. 会員またはその役員等が、自らまたは第三者を利用して、当社に対して、暴力的行為、詐術、脅迫的言動を用いるなどした場合。
  5. 会員またはその役員等が、自らまたは第三者を利用して、当社の名誉、信用等を毀損し、または毀損するおそれがある行為をした場合。
  6. 会員またはその役員等が、自らまたは第三者を利用して、自身や相手方の関係者が反社会的勢力等である旨を当社に認知させる言動等をした場合。
    1. 当社が前項の規定に基づき利用契約を解除したことにより会員に損害が生じたとしても、当社は一切の賠償責任を負わないものとします。
  1. 34. (善管注意義務)

当社は、本サービスの利用期間中、善良なる管理者の注意をもって本サービスを提供するものとします。

  1. 35. (個人情報の取扱い)

個人情報は、当社が別途定めるプライバシーポリシーに則り、適正に取り扱うこととします

  1. 36. (本アプリケーション提供用設備の障害等)

当社は、本アプリケーション用設備等について障害があることを知ったときは、遅滞なく会員にその旨を通知するものとします。

    1. 当社は、本アプリケーション用設備に障害があることを知ったときは、遅滞なく本アプリケーション用設備を修理または復旧します。
    2. 当社は、本アプリケーション用設備等のうち、本アプリケーション用設備に接続する当社が借り受けた電気通信回線について障害があることを知ったときは、当該電気通信回線を提供する電気通信事業者に修理または復旧を要請するものとします。
    3. 本アプリケーション用設備等および会員設備に不具合が発生したときは、会員および当社はそれぞれ遅滞なく相手方に通知し、両者協議のうえ各自の行うべき対応措置を決定したうえでそれを実施するものとします。
  1. 37. (秘密情報等の取り扱い)

会員は、本サービスの提供に際して当社より開示された技術上または営業上その他業務上の情報のうち、開示の際に範囲が特定され、当社が秘密情報である旨の表示を明記した情報(以下「秘密情報」といいます。)について、厳にその秘密を保持し、第三者に開示また漏洩しないものとします。ただし、当社からあらかじめ書面による承諾を受けた場合および当該情報が次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りではありません。

  1. 会員が既に保有していた情報
  2. 会員が秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
  3. 当社から開示された情報によらず、会員が独自に開発した情報
  4. 開示前に既に公知であった情報および開示後に会員の責めによらず公知となった情報
    1. 前各項の定めにかかわらず、会員は、秘密情報のうち法令の定めに基づきまたは権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先または当該官公署に対し開示することができるものとします。この場合、会員は、当該開示前に、開示する旨を当社に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後すみやかにこれを行うものとします。
    2. 会員は、秘密情報を本サービスの利用の目的の範囲内でのみ使用し、本サービス利用上必要な範囲内で秘密府報を化体した資料等(以下「資料等」といいます。)を複製または改変することができるものとします(以下この複製または改変された資料等を「複製物等」といいます。)。この場合、会員は、当該複製物等についても、第1項に定める秘密情報として取り扱うものとします。
    3. 会員は、当社の要請があったときは秘密情報および資料等を当社に返還し、秘密情報が会員設備に蓄積されている場合はこれを完全に消去するものとします。
    4. 本条の規定は、本サービスの提供終了後3年間有効に存続するものとします。
  1. 38. (本サービス内コンテンツの権利)

会員は、本サービスのコンテンツを当社の定める範囲内でのみ使用することができるものとします。

    1. 本サービスで提供される全てのコンテンツに関する権利は当社が有しており、会員等に対し、当社が有する特許権、実用新案権、 意匠権、商標権、著作権、その他知的財産権の実施または使用許諾をするものではありません。
    2. 会員等は、当社の定める使用範囲を超えていかなる方法によっても複製、送信、譲渡(会員同士の売買も含みます)、貸与、翻訳、翻案、無断で転載、二次使用、営利目的の使用、改変、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等を行う事を禁止します。
    3. 前項に関わらず、退会等により会員が会員資格を喪失した場合は、提供されたコンテンツの使用権も消滅するものとします。
  1. 39. (投稿などの削除、サービスの利用停止、アカウント削除について)

会員が本サービスに投稿などしたコンテンツと、本サービスを通して会員が他の会員に転送したコンテンツについて、会員は単独で責任を負います。会員が投稿した場合はいつでも、そのコンテンツが( a )正確かつ( b )本契約に違反せず、かつ( c )あらゆる点で誰にも害が及ばないことを、会員は表明し保証したことになります。

    1. 当社は、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、会員のアカウントを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。
  1. 会員が本規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
  2. 当社にお支払いいただく代金について支払の遅滞が生じた場合
  3. 本サービスの代金決済手段として指定されたクレジットカードや銀行口座の利用が停止された場合
  4. 会員が破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、または会員自らがそれらの申立てを行うなど、会員の信用不安が発生したと当社が判断した場合
  5. アカウントが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
  6. 会員が一定期間にわたってアカウントまたは特定のサービスを使用していない場合
  7. その他、会員との信頼関係が失われた場合など、当社と会員との契約関係の維持が困難であると当社が判断した場合
  1. 40. (損害賠償)

本サービスを利用し実施された飲み会において、会員が不法、不当な行為により法的又は倫理的な問題を生じさせ、本サービスの信用が損なわれる等の被害、不利益が生じた場合、当該会員は当社に対し当該被害、不利益を賠償するものとします。

    1. 前項の規定は飲み会の当事者たる会員間においても準用されるものとします。
    2. 前2項の他、会員が本規約に違反して当社に対し損害を及ぼした場合にも、当該会員は当該損害を賠償する責を負います。
  1. 41. (免責)

当社は、次の各号に定められる事由により会員に発生した損害については、賠償責任を負わないものとします。なお、本条項は、本規約の別段の定めに基づく当社の損害賠償責任の限定について否定するものではありません。

  1. 天災地変、騒乱、暴動等の不可抗力
  2. 会員設備の障害または本サービス用設備までのインターネット接続サービスの不具合等会員の接続環境の障害
  3. 本サービス用設備等からの応答時間等インターネット接続サービスの性能値に起因する損害
  4. 当社が第三者から導入しているコンピュータウィルス対策ソフトについて当該第三者からウィルスパターン、ウィルス定義ファイル等を提供されていない種類のコンピュータウィルスの本サービス用設備への侵入
  5. 善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない本サービス用設備等への第三者による不正アクセスまたはアタック、通信経路上での傍受
  6. 当社が定める手順・セキュリティ手段等を会員が遵守しないことに起因して発生した損害
  7. 本サービス用設備のうち当社の製造に係らないソフトウェア ( OS、ミドルウェア、DBMS ) およびデータベースに起因して発生した損害
  8. 本サービス用設備のうち、当社の製造に係らないハードウェアに起因して発生した損害
  9. 本サービスの提供に係る当社以外の電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合に起因して発生した損害
  10. 刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分
  11. 再委託先の業務に関するもので、再委託先の選任・監督につき当社に過失などの帰責事由がない場合
  12. その他当社の責に帰すことのできない事由
    1. 当社は、会員が本サービスを利用することにより、会員と第三者の間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
  1. 42. (通知の方法)

利用契約等に基づく当社から会員への通知は、利用契約等に特段の定めのない限り、電子メール、書面など、当社が適当と判断する方法により行います。

  1. 43.   ( 権利義務譲渡の禁止 )

会員は、あらかじめ当社の書面による事前の承諾がない限り、利用契約等に基づく地位、権利または義務の全部または一部を、第三者に貸与もしくは譲渡し、または担保に供することはできないものとします。

  1. 44. (分離可能性)

本契約のいずれかの条項が無効または拘束力を持たないことが判明しても、他の条項の有効性や拘束力にいかなる影響も及ぼさないものとします。

  1. 45. (裁判管轄)

会員と当社の間で本サービスの利用に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

  1. 46. (準拠法)

本規約及び本規約に基づき当社と申込者、会員その他の関係者の間において適用される法令については、日本法を準拠法とします。

  1. 47. (誠実協議)

本規約等に規定のない事項および規定に関する疑義が生じた場合は、当社および会員が誠意を持って協議の上解決するものとします。


平成30年7月11日 制定

平成30年11月7日 改定